>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【保存版】スキルなしでも20代は転職のチャンス!失敗しない3つのポイントを解説

「転職に活かせるスキルや経験が何もない……」
「この状態でまともな転職先は見つかるの?」
「スキルなしでも転職する方法を知りたい」

こんなお悩みを解決します。

今の会社に不満があり転職を考えているものの、アピールできるスキルや経験がなくて転職に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

転職市場において20代は求人数が多いので、転職のチャンスに恵まれています。
しかしスキルや経験のある応募者と比べられると、未経験が不利に働くことも事実です。
そこで、転職への成功には事前準備が大切だといえます。

本記事ではスキルなしの転職について、以下の内容を解説します。

  • スキルのない転職で失敗しないためのポイント
  • 失敗しない転職準備の進め方
  • 転職に有利なスキル

20代でスキルがなく転職に踏み切れない方は、ぜひ最後までお読みください。

20代はスキルなしでも転職のチャンスに恵まれてる理由

転職市場において、20代は求人数が多く転職のチャンスに恵まれています。求人数のほかにも、企業から見た20代の転職者は社会人経験が短いので、それほど高いスキルを求められない傾向です。

数年間の社会人経験から将来のキャリアプランを明確にすれば、未経験職種への転職もチャレンジしやすい年代です。

そこで、企業が20代の転職者に求めることをピックアップしました。

  • 社会人マナーが身についている
  • 将来のキャリアプランが明確
  • 仕事への情熱がある
  • スキルアップの自己投資をしている
  • 柔軟に新しい職場へ適応できる

20代はポテンシャル重視の採用のため、転職の準備を徹底すれば内定はもらえます。

スキルなしの転職で失敗しないための3つのポイント

スキルのない転職で失敗しないためのポイントは、以下の3つです。

  1. 転職の準備を徹底する
  2. 自己PRを見直す
  3. 転職エージェントを活用する

それぞれ順番に解説します。

1. 転職の準備を徹底する

中途採用は新卒の採用枠より少ないので、採用までのハードルは高くなります。しかしながら、転職の準備を徹底すれば、採用試験にまったく受からないといった失敗を防げます。

転職の準備で力を入れるべきは以下の内容です。

  • 転職の目的の明確化
  • 自己分析と企業研究
  • 自己PRと志望動機の練り上げ
  • 書類選考の対策
  • 面接対策

とくに転職の目的は明確にしましょう。仮に採用されたとしても、入社後の企業とミスマッチを起こしたら転職したことを後悔します。

新卒と比べて採用のハードルは上がりますが、転職の準備を徹底すれば必ず内定を勝ち取れます。

2. 自己PRを見直す

自己PRを見直すことは転職で失敗しないための大切なポイントです。
強みといえるスキルがないと思うかもしれませんが、今の仕事でアピールできる材料は必ずあるからです。

  • 後輩の指導を担当した→マネジメント経験
  • 仕事効率化のために社内の制度を変更した→問題解決能力

自己PRを見直すときは、実体験を交えて説明できるようにしましょう。書類選考や面接で説得力のあるアピールができるからです。

今の仕事でアピールできる経験を探して自己PRを見直せば、採用試験を突破できます。

3. 転職エージェントを活用する

スキルのない転職では、転職エージェントを活用しましょう。企業の紹介以外にも転職に役立つサポートを受けられるので、採用選考を有利に進められます。

転職エージェントを活用するメリットは、以下の通りです。

  • 自分の希望や経験を考慮して企業を紹介してもらえる
  • 書類の添削が受けられる
  • 面接対策を実施してくれる
  • 面接日の調整をしてくれる
  • 内定後の年収交渉の対応をしてくれる

他にも、エージェントの活用方法としては、興味のある業界や職種の仕事内容を聞けます。
自分で求人サイトから仕事を探すより、多くの情報を入手できるので、働きたい業界や職種を絞り込めます。

転職エージェントの活用は、スキルのない転職活動の成功にかかせません。

スキルがなくても転職に成功するための5つの準備

スキルがなくても20代は転職が可能です。しかし、スキルや経験のある応募者と比較して採用が不利に働くのも事実。

そこで、転職を成功させるには事前準備が重要です。こちらでは、スキルのない転職を成功するために、以下5つの事前準備について説明します。

  1. 転職の目的を決める
  2. 興味を持った業界と職種を徹底的に調べる
  3. 転職先に求める条件を決める
  4. 求人サイトで企業を調べる
  5. 転職エージェントに相談する

それぞれ順番にみていきます。

1. 転職の目的を決める

まずは転職の目的を決めましょう。なんとなくで仕事を探して、自分に合わない企業への入社を防ぐためです。

転職の目的を決めるには、以下3つの順番で整理します。具体例を表にまとめたので、参考にしてください。

目的決定の手順具体例
1辞めたい理由を書き出す・残業時間が多すぎる
2転職で達成したい条件をピックアップ・長く働き続けられる企業
・リモートで働きたい
35年後のなりたい姿を想像
将来の目標を決める
・IT業界で働きたい
・社内SEとして活躍したい

転職の目的が決まったら、譲れない条件や入職したい業界と職種が決まります。入社後のミスマッチを防ぐために、必ず転職の目的は決めましょう。

2. 興味を持った業界と職種を徹底的に調べる

興味を持った業界や職種は徹底的に調べましょう。調べていくなかで、自分に合った業界や職種がわかるからです。

業界と職種を調べるときは、業界本や専門サイト、四季報などを使いましょう。「今後どのような仕事をしたいか」や「活躍できそうか」などの視点で見ると、自分に向いてる仕事が見えてきます。

業界や職種を徹底的に調べ、自分の興味や希望にマッチした仕事を見つけましょう。

3. 転職先に求める条件を決める

『転職の目的』と『業界・職種』が絞れたら、転職先に求める条件を決めます。

以下の表をもとに条件を整理しましょう。具体例を記入したので、参考にしてみてください。

求める条件具体例
仕事内容・開発・研究
・営業
・エンジニア
・経理・事務
業界・医療
・IT
・金融
収入・年収500万円以上
勤務時間・月の残業40時間未満
休日・年間休日120日以上
・土日祝日休み
働き方・副業可能
・転勤がない
・リモートワーク可能
福利厚生・家賃補助がついてる
・退職金制度がある
・育児・介護支援制度がある
会社組織・企業理念に共感できる
・商品の技術力が高い
・ベンチャー企業

表を埋められたら、譲れない条件を3つピックアップすることをおすすめします。すべての基準を満たす企業はほとんどなく、不採用が続くと申し込める企業が無くなるからです。

4. 求人サイトで企業を調べる

転職先に求める条件が決まったら、求人サイトで企業情報を調べます。

求人サイトを使うメリットは、募集内容を比較検討しやすいことです。
業界・職種で検索すれば、採用条件を比べられます。また業界や職種ごとに調べると、それぞれの年収相場がわかります。

年収相場や採用条件を調べて、エントリーする基準を把握しましょう。

5. 転職エージェントに相談する

転職サポートに相談しましょう。あなたの経験やスキルをもとに、希望条件をふまえて最適な企業を提案してくれます。

転職エージェントは、普段の仕事で多くの企業と接触しています。転職支援の経験も豊富なため、転職希望者のスキルや経験をふまえて、採用の可能性がある企業を紹介されるでしょう。

一方でエージェントには、一般の求人に載っていない非公開求人を多数持っています。

※非公開求人とは、一般公開すると応募者が殺到するような求人です。
選考を効率化する目的で公開していませんが、応募条件を満たせば、非公開求人の紹介も受けられます。

希望条件にマッチした求人を紹介してもらうため、転職エージェントに相談しましょう。

働きながら取得できる転職に有利な6つのスキル

20代の転職ではスキルがなくても、未経験可能な企業への転職は狙えます。しかしながら、転職に有利なスキルを身につけたうえで求人に応募すれば、採用率の向上や給与条件のアップも狙えるでしょう。

こちらでは「会社を変えても価値のあるスキル」と「成長している業界に必要なスキル」を基準にして、転職に有利な6つのスキルを紹介します。

  1. IT・プログラミングスキル
  2. OAスキル
  3. コミュニケーションスキル
  4. 簿記系のスキル
  5. 語学スキル
  6. Webマーケティングスキル

それぞれ順番に解説します。

1. IT・プログラミングスキル

IT・プログラミングスキルは、現在市場が伸びているIT業界に必要とされるスキルです。プログラミングスキルを身につければ、未経験でもIT業界やエンジニア転職を有利にすすめられます。

スキル取得には独学、もしくはスクールに通う方法がありますが、当サイトでは転職サポート付き教材の『Skill Hacks』をおすすめします。

初心者がWebアプリケーションの開発ができるように、94個の動画教材とLINEによる無制限質問サポートがついています。

また料金は79,800円と、他スクールと比較して安い料金設定です。追加料金なしで転職サポートを受けられるので、IT業界やエンジニアに興味のある方や、何か一つスキルを身につけたい方にとっておすすめの教材です。

2. OAスキル

OAスキルとは、PCを使った事務業務の効率化や自動化するスキルのことです。主にMicrosoftの操作スキルを表します。

OAスキルでは、以下Officeソフトごとの操作スキルが求められます。

  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • Access

転職においてOAスキルが高ければ、事務職への採用に有利です。

転職時に活かせる資格は、MOS(Microsoft Office Specialist)があります。学習方法は、独学やスクールに通うことです。

3. コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、どの業界・職種でも求められるスキルです。普段の業務上のコミュニケーションが円滑になるので、取引先や顧客対応など幅広い場面で役立ちます。

スキルアップの手段はビジネス書を読んだり、講座を受講したりしてコミュニケーション技能認定を受ける方法があります。

4. 簿記系のスキル

簿記系のスキルは、企業の経理部門の転職に有利です。もし経理職未経験であっても、日商簿記2級以上の資格を持っていれば、経理職への転職は可能です。

簿記資格の取得には、通信講座や参考書で学習して試験を受けます。日商簿記2級の合格には、300時間以上の学習時間が必要です。

5. 語学スキル

語学スキルは、外資系の転職や海外部門を持つ企業への転職に有利です。
転職で求められる語学レベルは、一般会話ができるコミュニケーション力を求められます。

語学スキルの習得には、以下の方法があります。

  • 独学
  • スクール
  • オンライン英会話

外資系企業や海外部門の職場で働きたいと考えている方は、ぜひ語学スキルを身につけましょう。

6. Webマーケティングスキル

20代で一からスキルを身につけるなら、Webマーケティングスキルもおすすめです。主な仕事内容は、SNSや広告を使ったWeb集客の提案や、Webサイトの設計です。

Webマーケティングスキルを身につければ、IT業界や広告代理店、企業のマーケティング部門への転職に有利に働きます。転職のほかに、フリーランスとして独立も目指せます。

マーケティングスキルの学習方法は、以下の通りです。

  • SNSやブログ運営を通して独学する
  • 動画プラットフォームで学習する
  • 専門スクールで学ぶ

Web業界で働きたい方は、マーケティングスキルを習得しましょう。

Skill Hacksなら最速でプログラミング初心者を脱出できる

  • 初心者からWebアプリケーション開発の知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限
  • 転職のノウハウを共有