>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【必見】ホームページ作成で挫折しない方法!勉強法やコツを詳しく解説

「ホームページ作成でつまづいた」
「コーディング作業で挫折してしまった」
「ホームページの細かいところが気になってなかなか進まない」

そんな悩みをお持ちではありませんか?

ホームページ制作は、個人でも稼げる分野として注目されています。ただ、学習の途中で挫折してしまう方が多いのも事実です。

そこで、本記事では、

  • ホームページ作成に挫折する理由
  • ホームページ作成の前に知っておくべき基礎知識
  • ホームページ作成で挫折しない学習ステップ
  • ホームページ作成の効率的な勉強方法
  • ホームページ作成を勉強するときのコツ

を解説していきます。

ホームページ制作で挫折しかけている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください!

※なお、正確には、ホームページとはWebサイトのトップページのことだけを指します。ただし、サイト制作の方法を知りたい方もいらっしゃるため、当記事ではホームページ作成とともにWebページ全体のことについて触れています。

監修者:平井 隆嗣 システム開発に加えてマーケティングまで対応し、集客や売上に貢献するエンジニア。 開発会社にて4年間の勤務をし、リーダーとして活躍したあとフリーランスとして独立。WordPress導入、デザイン、開発、アプリケーション開発などを幅広く手掛ける。
監修者:迫 佑樹 株式会社SkillHacks代表取締役。大学在学中からプログラミングスキルを身につけ、フリーランスエンジニアとして独立。 自身の経験を活かしプログラミングを教え、その知見からオンラインスクール事業Skill Hacksを運営。そのほか、実店舗ビジネスや知識プラットフォームBrainなどさまざまなビジネス経営中。

ホームページ作成が挫折しやすい理由

ホームページをゼロから作成するには、非常に多くの知識を要します。だから、全てを学んでからホームページを作ろうとするとほぼ100%挫折するでしょう。よくある挫折理由は以下のとおりです。

  • 参考書の内容が理解できない
  • 専門用語にぶつかって学習が止まってしまう
  • 本業があってリソースを割けない
  • コーディングがよくわからない
  • 細かいデザインが気になってしまう など

ホームページ作成を継続するためのヒントは、とにかく始めてしまうことです。

学校教育がインプット重視だったためか、日本人は学んで知識を付けてからアウトプットしたいと考える人が多いです。

でも、ホームページ作成に限らず、たいていのことはまず手を動かすことが大切です。なぜなら、アウトプットするときに人間は記憶しやすいから。

実際にわからないことに直面してから、その都度対処法を考える…という方法で、インプットとアウトプットを同時進行で行うことを意識しましょう。アウトプットの割合が多いほど良いですね!

ホームページ作成に必要な基礎知識

ホームページを作成するうえで、基礎知識があるかないかで学習速度は大きく変わってきます。

なぜなら、専門用語でつまづくことが少なくなるからです。参考書を読んでよくわからない言葉が出てきても「だいたいこんなことを意味しているんだろう」という予想が付けば、学習の手を止めることがありません。

そのためには、たとえば、以下4つの分野について基礎知識を勉強しておくと学習をスムーズに進められるはずです。

  1. ホームページ公開までの大まかな流れ
  2. Webデザイン
  3. HTMLとCSS
  4. SEO(検索エンジン最適化)

詳しくみていきましょう。

▼更に詳細にホームページ作成に必要はスキルを解説▼
関連記事:準備中

1. ホームページ公開までの大まかな流れ

現在どの段階の勉強をしているのか理解するために、大まかな流れを知っておく必要があるでしょう。ホームページを公開するまでには以下のような手順を踏みます。

  1. ホームページの目的やコンセプトを決める
  2. ホームページの外観や構造をデザインする
  3. ホームページをコーディングする
  4. 随時ホームページのコンテンツを充実させる
  5. 独自ドメイン取得&レンタルサーバーを借りる
  6. ホームページをインターネット上へアップロード

特に「2.Webデザイン」および「3.コーディング」部分で挫折しやすいので注意しましょう。

また、大きなホームページを作るのは一人では難しいです。そこで、どこか一部分のみ請け負う予定の方は、前後の仕事内容を理解しておき、チームが円滑に仕事を進められるように工夫しましょう。

2. Webデザイン

ホームページのコンセプトや方針が固まったら、Webデザインスキルが必要になります。

ホームページの見た目や操作性を向上させて、ユーザーに満足してもらえるよう設計・実現しましょう。

デザインと言われると、クリエイターのセンス任せな仕事に思われがちです。しかし、実はどこにボタンを配置したほうが良いとか、カラーの組み合わせなどについては、ある程度確立された考え方があります。

そういった基本的なデザインスキルは、デザイナーでなくても身につけておいたほうが良いでしょう。

4. HTMLとCSS

Webデザインができあがったら、コーディング作業(プログラミング)を行います。

設計や試作品をベースに、ホームページを組み立てていくイメージです。特にこの作業でつまづく人が多い印象です。たくさんアルファベットが並んでいるためか、アレルギー反応が出てしまう人も少なくありません。

しかし、規則がわかればだれでも理解できるようになるので、諦めずに頑張りましょう。

HTMLとは

ホームページを作成するために開発された言語のこと。

見出しや画像・表といった基本構造をHTMLタグで指定し、ホームページの骨格を作ります。文字に色を付けたり、強調したりと言った装飾機能もあります。

現在、インターネット上で公開されているWebページのほとんどは、HTMLで作成されています。

CSSとは

HTMLで指定した基本形に背景を付けたり、配置や大きさを変えたりして、見栄えを良くするために必要な言語。

HTMLとセットで覚えておきましょう。

さらに機能をつけたい場合には、JavaScriptやPHPなどのプログラミング言語も必要となります。特に、プログラミングは難しい言語になると独学するにも限界があります。

そこでおすすめなのが、当メディアの「Skill Hacks」です。初心者にもわかりやすいプログラミングのオンライン講座を開講しています。

最大のメリットは無制限に質問できること。疑問はすぐに解決できるので、挫折しづらい環境を整えています。

Webエンジニアに最短距離でなるなら、ぜひSkill Hacksを検討してみましょう!

4. SEO(検索エンジン最適化)

ホームページを多くの人に読んでもらいたい!と思ったら、SEOへの理解は必須です。

SEOとは(Search Engine Optimization)の略で、直訳すると「Webサイトを検索エンジン向けに最適化させる」という意味です。

簡単に説明すると、検索で上位表示して自分のサイトに多くのアクセスを獲得するための施策を指します。始めから完全に理解する必要はないので、専門用語からイメージが湧くような理解レベルを目指しましょう。

ホームページ作成に挫折しない学習ステップ

それでは、ホームページ作成に挫折しないためには、どのような学習ステップを踏めば良いのでしょうか。たとえば、以下の手順で、実際に手を動かすのが大切です。

  1. 公開するホームページを作る
  2. ホームページを運用する
  3. 仕事を受注する

詳しく解説していきます。

1. 公開するホームページを作る

自分のホームページでも知り合いが経営するお店のホームページでも何でも良いので、インターネットを通じて世界中に公開するつもりでホームページを作ってみましょう。

なぜなら、サンプルのホームページをひたすら作っていても、モチベーションが維持できないからです。「勉強のための勉強」になってしまっては本末転倒です。

勉強をしながらまずひとつWebサイトを作ることを目標にしましょう。形ができてくると勉強が進んでいる達成感もあり、挫折しにくいはずです。

「どういう構造だとユーザーは見やすいかな」「どんな機能があるとユーザーは喜ぶだろうか」と、ホームページ作成が自分ごとになると理解が早まります。

2. ホームページを運用する

ホームページを公開したら、実際に運用してみるのがおすすめです。

なぜなら、あなたが作成したホームページのフィードバックが取れるからです。たとえば、Googleアナリティクスを導入しておくと、以下のような情報が手に入ります。

  • ユーザーがどのページをどれだけ閲覧したか
  • ユーザーが各ページにどれだけ滞在したか
  • リアルタイムの利用状況
  • ユーザーがどこからこのページに訪れたか
  • どんなユーザーが多いか など

フリーで活動していたり、副業だったりすると、他の人からダメ出しされる機会は失われていくでしょう。したがって、これらの情報を駆使して、自分のホームページのクオリティ向上に活かしましょう。

試行錯誤して、自分で自分をプロデュースすることが大切です。

3. 仕事を受注する

不安に感じるかも知れませんが、責任を持って仕事をこなす経験が成長を早めていくでしょう。

現代においては、クラウドソーシングやSNSなどを活用すれば、個人で仕事を得ることも難しくありません。

仕事を受注するにあたり完璧に準備しておくことは、ほぼ不可能に近いです。だったら、5割〜6割くらいのスキルでも手を挙げてみましょう。

仕事で使った言語や知識は、一生あなたの相棒となること間違いありません。

挫折しないホームページ作成の勉強方法

本章では、挫折しないためのホームページの勉強方法を4つ紹介します。

  1. 本で独学する
  2. メンターをつける
  3. プログラミングスクールに行く
  4. オンライン講座を受講する

ひとつずつ見ていきましょう。

1. 本で独学する

勉強と聞いたら、いちばん初めに思いつくのではないでしょうか。

かかる費用が一番少なく、追加費用も生じません。リーズナブルな方法であることは間違いないでしょう。

ただし、挫折する可能性はいちばん高いです。たとえば、難しい言語になると、とても本だけでは対処できません。
なぜなら、初心者の場合、自分で疑問を解決できないからです。そのため、本で学ぶのがおすすめなのが、逆引きとして使える程度に基礎が整った中級者以降。

予算をおさえるために本でどうしても独学したい方に伝えたいのは「インプットは最小限に」ということです。アウトプットを通じて自分の身に付くので、リソースの7割をアウトプットに割けるのが理想的です。

2. メンターをつける

疑問点が浮かんだ時にいつでも聞ける環境を作るために、個人的なメンターを付けるのもおすすめです。

講師との距離が近いので、相談しやすい利点があります。ただし、当たり外れが激しいので実際に受講した人の評価を見たり、お試しプランを活用したりして慎重に選ぶようにしましょう。

中長期的なサポートを希望する場合、MENTAを活用する人が多いです。単発ならココナラもおすすめです。プログラミングスクールよりも費用を抑えられます。

3. プログラミングスクールに通う

ゼロから徹底的にサポートしてもらいたいときは、プログラミングスクールがおすすめです。通学型とオンライン型があり、どちらか選べるスクールもあります。

なかには、初心者がプログラマーとして転職するまでサポートしてもらえる物もあります。メンターと違い、教材やカリキュラムに則って、講師が手取り足取り教えてくれます。ただし、3ヶ月で100万円近いスクールもあるなど、費用がかさむ点が気になるかも知れません。

資金的に余裕があり、最短最速でプログラマーとして活躍したい方はおすすめの方法です。

4. オンライン講座で学ぶ

「メンターをつける」「プログラミングスクールに通う」のハイブリッドがオンライン講座による学習です。

プログラミングスクールに通うより大幅に費用を抑えられ、テキストベースですがいつでも質問OKなどのメンターサービスを提供している講座もあります。

ただし、質問時間や回数に制限を設けているところもあるので、ぜひしっかり比較してくださいね。

そこでおすすめなのが、当メディアで提供する「Skill Hacks」です。初心者にもわかりやすいプログラミングのオンライン講座を開講しています。

最大のメリットは無制限に質問できること。疑問はすぐに解決できるので、挫折しづらい環境を整えています。

Webエンジニアに最短距離でなるなら、ぜひSkill Hacksを検討してみましょう!

ホームページ作成で挫折しないコツ

ホームページ作成で挫折しないためには、以下の4つの施策を打ってみるといいでしょう。

  1. アウトプット重視
  2. 疑問点はすぐに人に聞く
  3. WordPressで学ぶ
  4. 他のサイトの模写をしてみる

ひとつずつ解説していきます。

1. アウトプット重視

うまく結果が出ていない人に共通するのは、勉強がインプット重視になっていることです。

日本人の教育システムにも強く関係するとも言われますが「調べてからじゃないと行動に移したくない」という消極的な姿勢が学習を妨げている可能性があります。

それならいっそ仕事を受注するなど強制的に学習しなければいけない状況に身を置き、わからないところをポイントで本を活用したり、Googleで調べたりして知識を付けたほうが効率的です。

初めの座学は基本的な知識を学ぶくらいで切り上げて、実際に行動してみましょう。

2. 疑問点はすぐに人に聞く

わからないところをそのままにしておくのが、いちばん良くありません。

学習が進むうちに、いつの間にか苦手な分野を作ってしまうこともあります。

したがって、わからなかったことはその日のうちに解決できるように意識しましょう。特に、疑問点が見つかった時にすぐ聞ける環境を作っておくのがおすすめです。メンターをつけたり、オンライン講座の無制限質問を活用したりしましょう。

3. WordPressで学ぶ

CMS(コンテンツ・マネジメント・サービス)のひとつであるWordPressは、直感的に操作できるので初心者にもおすすめです。

近年のホームページには、WordPressが必ずと言っていいほど導入されています。WordPressを使えば、専門知識がなくてもWebサイトがつくれるからです。

WordPressをホームページへ組み込む仕事も需要があるので、一度触れておくのも勉強になりますよ。

4. 他のサイトの模写をしてみる

学ぶの語源とも言われている「真似」には大きな効果があります。

実際の制作者の気持ちに寄り添うことで、今まで見えなかった疑問が見えるようになります。理解しているつもりでも、実際に手を動かしたら疑問点が見つかることもあるでしょう。

したがって、目標にしているWebサイトがあれば、実際に模写してみるのもおすすめです。

ぜひ、本記事を参考にホームページ作成を学んでみてください!

Skill Hacksなら最速でプログラミング初心者を脱出できる

  • 初心者からWebアプリケーション開発の知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限