>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【保存版】転職が当たり前と言われる3つの理由|今すぐ仕事を探すべき5つのケースを解説

「転職は当たり前って聞くけど実際のところどうなの?」
「これからは転職を考えた方がいいのかな?」
「なんとなく将来が不安だけど、今できることを知りたい」

こんなお悩みにお答えします。

今の世の中は、転職が当たり前になりました。終身雇用が崩壊するのは時間の問題となり、転職者の数も年々増えています。

しかしながら転職にはリスクもあるので、将来のことをよく考えたうえで行動すべきです。そこで、この記事では以下のことを解説します。

  • 転職が当たり前と言われる理由
  • 転職の注意点
  • 転職したほうが良いケース
  • 今すべきこと

転職が当たり前と言われる理由を知りたい方や、今の会社に居続けていいのか不安を感じている方は、ぜひ最後までお読みください。

転職が当たり前と言われる3つの理由

転職が当たり前と言われる理由は、以下3つの通りです。

  1. 終身雇用の崩壊が話題
  2. 20〜30代の6割以上は転職に前向きな考えを持つ
  3. 転職者数は年々増えている

それぞれ順番に解説します。

1. 終身雇用の崩壊が話題

転職が当たり前と言われるようになった背景に、終身雇用の崩壊が話題となりました。

2019年4・5月にトヨタ社長の豊田氏は「終身雇用を守るのは難しい」と発言しています。
トヨタのような大企業であっても、雇用を守り続けることが難しいのが現実です。

今までの日本の企業は、新卒から定年まで同じ会社で働き続けることが一般的でした。しかしながら、変化の激しい現代において、企業が生き残るために社員を雇い続けるのは難しくなったと言えます。

2. 20〜30代の6割以上は転職に前向きな考えを持つ

転職サービスdodaの調査によって、20〜30代の社会人の6割は転職へ前向きな考えを持つことがわかりました。

社会人経験のない新卒者が、最初に入社した会社で100%自分に合っている企業を見つけるのは運の要素も大きいです。給与アップや労働環境の改善を目的とした転職は、常識となりました。

3. 転職者数は年々増えている

総務省の調査で、2011年以降の転職者は年々増えていることがわかっています。その結果、2019年の転職者数は351万人と過去最多です。

より良い条件の仕事を探すため、転職するのは当たり前の社会になったと言えます。

転職が当たり前と言われるなかで4つの注意点

転職が当たり前と言われていますが、リスクがあるのも事実です。こちらでは、転職の注意点を4つ紹介します。

  1. 入社してみないと自分にあう会社かわからない
  2. 未経験職種への転職は給与ダウンにつながる
  3. 退職金の額が減る
  4. 転職回数が多いと中途採用に不利

それぞれ順番にみていきます。

1. 入社してみないと自分にあう会社かわからない

転職前に企業情報を調べたとしても、入社してみないと自分にあう会社かわかりません。

たとえ面接のなかで不明点を質問して解決したとしても、配属される部署の雰囲気までは調べようがないでしょう。

たとえ給与が上がったとしても、そのぶん残業が増えたり人間関係が悪かったりすると、長く働き続けることは難しくなります。転職で本当に自分にマッチした職場かどうかは、運の要素が大きいです。

2. 未経験職種への転職は給与ダウンにつながる

未経験職種への転職は、給与ダウンにつながります。採用する企業にとって未経験の応募者は、新卒者と同じように一から教育する必要があるからです。

どうしても挑戦したい職種があるなら、ある程度の給与ダウンは覚悟しましょう。転職で今より給与を上げたいと考えるなら、今のスキルが評価されやすい同業種への転職を狙うべきです。

3. 退職金の額が減る

転職によってもらえる退職金の額は減ります。退職でもらえる金額は、在職期間の掛け率で計算するので、何度も退職を繰り返すと、そのぶん退職金は少なくなります。

一方で、退職金制度のない企業も存在するので、転職時は求人票の条件を確認しましょう。

4. 転職回数が多いと中途採用に不利

転職回数が多いと中途採用では不利に働きます。採用担当者から見たとき「入社しても長続きしない人」と判断されるからです。

リクナビNEXTの調査結果では、7割の企業が3回以上の転職経験のある応募者をマイナスに評価していることがわかりました。

転職を繰り返すことで、将来転職が難しくなることを覚えておきましょう。

今すぐ転職した方がいい5つのケース

転職にはリスクがともなうので、行動するかは慎重に判断すべきです。しかしながら、今の仕事を客観的に見たとき、転職を第一に考えた方が良いこともあります。

こちらでは、今すぐ転職した方がいい5つのケースを紹介します。

  1. 長時間労働を強いられる
  2. 給与が低い
  3. 会社の将来性に不安がある
  4. 人間関係に問題がある
  5. キャリアアップが期待できない

それぞれ順番にみていきます。

1. 長時間労働を強いられる

長時間労働を強いられる企業は、転職を考えた方がいいです。過酷な労働で体調を崩したら、働けなくなってしまうからです。

月に80時間以上の残業がずっと続くようなら、プライベートの時間はほとんど取れないので、働き続けるのは難しくなります。

一方で長時間の労働は、脳・心臓疾患を発症させるリスクが高まることを厚生労働省が発表しています。

過酷な労働で疲弊しているなら、体調を崩す前に転職を検討しましょう。

2. 給与が低い

今の給与が低いと感じるなら転職を検討しましょう。転職によって給与アップが狙えるからです。

給与アップを狙うには、今持っているスキルや経験を活かすことが大切です。会社や業界を変えることで、年収アップを目指しやすくなります。

おすすめの企業は、現在市場が伸びている業界に転職することです。市場の成長とともに業績が伸びている企業が多く、将来的なキャリアアップと給与の増額が狙えます。

3. 会社の将来性に不安がある

会社の将来性に不安があるなら、転職を考えた方が良いでしょう。今より給与が上がりにくかったり、業績不振によるリストラにあったりするかもしれないからです。

会社の業績が悪いなら、転職エージェントに登録してみることをおすすめします。会社の状況をみながらいつでも転職活動できるので、求人の紹介を受けることで客観的に自分の市場価値を判断できるからです。

またエージェントの紹介で条件の良い企業が見つかれば、実際に応募もできます。会社に将来性を感じなければ、転職を検討しましょう。

4. 人間関係に問題がある

人間関係に問題があるなら、転職を検討しましょう。ストレスを感じる環境で長く働き続けることは難しいからです。

ストレスが原因でうつ病や適応障害などの精神疾患を発症すると、長期で働けなくなる可能性もあります。

部署異動で解決できそうな悩みであれば、人事部に相談してみるのも手です。ただし、異動で解決できないような問題であれば、精神の不調に陥る前に転職活動をはじめましょう。

5. キャリアアップが期待できない

キャリアアップが期待できない場合、転職を考えましょう。将来転職を考えたとしても、条件の悪い企業にしか転職できないからです。

転職市場では年齢が上がるにつれて、求められるスキルや経験の基準は高くなります。40代以降は異業種への転職も難しくなるので、キャリアアップも難しくなります。

もしも今の仕事でキャリアアップが難しいなら、転職を検討しましょう。

転職が当たり前の世の中で今すべきこと3選

転職が当たり前になった現代で、今の仕事を続けることに不安を感じる人も多いのでは無いでしょうか。そこで新たに副収入を作ったり、転職に役立つ資格を身につけたりすれば、将来への備えとなります。

こちらでは将来に不安を感じる方に向けて、いまのうちにすべきことを3つ紹介します。

  1. 副業をはじめて本業以外の収入源を作る
  2. 転職活動してみて自分の市場価値を知る
  3. 社外で通用するスキルや資格を身につける

それぞれ順番に説明します。

1. 副業をはじめて本業以外の収入源を作る

漠然とした不安を感じるなら、副業をはじめて本業以外の収入源を作りましょう。将来何が起きても生活の基盤があるので、リスク回避できるからです。

副業をはじめるメリットは以下の通りです。

  • 副収入が得られる
  • 副業で得た経験がスキルになる
  • 転職時に副業の実績をアピールできる
  • フリーランスとして独立も狙える

副業を始めるにしても、どんな仕事を選べばいいかわからない方も多いと思います。そこでおすすめは、経験を通してスキルが身につく副業です。

こちらでは、スキルが身につき初心者でも始められる5つの副業と教材を紹介します。

  1. プログラミング【Skill Hacks】
  2. 動画編集【Movie Hacks】
  3. Webデザイン【Design Hacks】
  4. ブログ運営【Blog Hacks】
  5. Webライター【Writing Hacks】

順番にみていきます。

1. プログラミング【Skill Hacks】

プログラミングの副業は、Webアプリ・ソフトウェア開発やWebサイト製作のことです。スキルを身につければ、現在市場が伸びているIT業界の転職にも有利に働きます。

初心者が独学で学習できるおすすめの教材はSkill Hacksです。

94個の動画教材で、隙間時間にも効率よくプログラミングを学べます。また24時間LINE質問サポートが付いているので、独学でつまずきやすいポイントも解決できます。

料金は79,800円とスクールに通うよりお手頃価格です。転職サポートも付いているので、初めて副業を始めたい方は、転職にも有利なこの教材がおすすめです。

2. 動画編集【Movie Hacks】

YouTubeやInstagramなどの動画需要の増加もあり、動画編集は人気の副業です。他の副業と比べて比較的早くスキルが身につくので、仕事獲得までのスパンが短くてすみます。

動画編集のおすすめの教材は『Movie Hacksです。

現役の動画クリエイターが教材を作っているので、体系的に編集技術を学べます。無制限のサポート付きで、挫折する心配もなく動画編集スキルを身につけられます。

3. Webデザイン【Design Hacks】

クリエイティブな製作に興味のある方は、Webデザインがおすすめです。ネット広告などデザインの需要が高く、初心者でも一度スキルを身につければ仕事を獲得できます。

Webデザインのおすすめ教材は『Design Hacksです。隙間時間で学習できる動画教材を使って、デザインの習得が出来ます。また仕事獲得の方法まで学べるので、スキルを身につけてたらすぐに営業して案件を獲得できます。

4.ブログ運営【Blog Hacks】

ブログ運営はサラリーマンに人気の副業です。ブログが人気の理由はパソコン1台で仕事が完結するので、自分のペースで仕事を調整できることです。

一度ブログを作ってしまえば、サイトに訪れた読者が商品を購入する仕組みを作れます。

ブログのおすすめの教材は『Blog Hacksです。動画コンテンツと無制限サポートがついているので、ブログ収益化までの効率的な学習ができます。

また、講座特典の記事添削でブログの改善点を聞けるので、”学習・実践・改善”のサイクルで収益をあげられるノウハウが身につきます。

5. Webライター【Writing Hacks】

Webライターもおすすめの副業です。文字を書くのは誰でもできることなので、ライターの勉強をすれば誰でも仕事を獲得できます。また、ブログと違って書いた記事を納品すれば、すぐにお金を受け取れます。

Webライターでおすすめの教材は『Writing Hacksです。Webライティングの基礎から、読者に読まれるタイティングスキルを学べます。また講座で学んだスキルを活かして、高単価案件の獲得も可能です。

2. 転職活動してみて自分の市場価値を知る

転職活動してみて自分の市場価値を知ることも、将来を見据えたときにプラスに働きます。

ここでいきなり「転職活動する」といって驚くかもしれませんが、心配いりません。企業に応募しなければ採用試験は受けなくてもいいです。一方で、求人を調査するなかで条件の良い仕事が見つかれば、実際に応募してみるのも良いでしょう。

ここで大切なことは、自分がどんな業界や業種に応募できるか基準を知っておくことです。

転職活動で市場価値を知るには、以下の順番ですすめます。

  1. 将来のなりたい姿を想像する
  2. 興味のある業界や職種を調べる
  3. 求人サイトと転職エージェントに登録

求人サイトは希望条件を入力すれば、企業の比較をできることがメリットです。

一方で転職エージェントの活用は、今すぐ転職する予定がなくても、仕事の不安や将来のキャリアについて相談できることです。今の経験やスキルを考慮したうえで、長期的なキャリアプランについてアドバイスをもらえます。

転職活動をしてみて自分の市場価値を知っていれば、将来転職を考えたときに有利に働きます。

3. 社外で通用するスキルや資格を身につける

社外で通用するスキルや資格を身につけましょう。将来転職を考えたときに、採用試験を有利にすすめられます。また、スキルや資格を活かして、未経験職種への転職も可能です。

転職を有利にすすめられるスキルは、以下の通りです。

  • プログラミングスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 英会話スキル

また転職に有利な資格は、国家資格を取ることです。資格取得の難易度が高い分、社会的な信用度が高いので、キャリアアップも狙いやすくなります。

おすすめの資格は以下の通りです。

  • 基本情報技術者
  • 日商簿記
  • 宅地建物取引士
  • 中小企業診断士

社外で通用するスキルや資格を身につけ、将来への備えとしましょう。

Skill Hacksなら最速でプログラミング初心者を脱出できる

  • 初心者からWebアプリケーション開発の知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限
  • 転職のノウハウを共有