>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【不安を払拭】転職で受からない5つの原因とは!内定を勝ち取る5つの方法を徹底解説

「転職活動してるけど、まったく受からなくて不安になる」
「なんでこんなにも不採用が続くのだろう……」
「もう転職活動を終わりにしたい」
などと考えていませんか?

採用試験で不採用が続くと、終わりの見えない転職活動に不安になるものです。
中途採用は即戦力を求められるので、内定をもらうまでのハードルは高く、採用試験に受からないことが多々あります。

転職活動では、十分に試験対策しないと内定はもらえません。
目当ての企業に採用されるために、本記事では以下の内容を解説します。

  • 転職で受からない原因
  • 採用される人の特徴
  • 内定を勝ち取る方法

転職でどこの企業にも受からない方へ、不採用の原因と内定を勝ち取る方法を解説します。ぜひ最後までお読みください。

転職で受からないのはよくあること!採用には20社以上の応募が必要

転職で内定をもらうために、何社応募すべきかご存知でしょうか。転職サービスdodaによるアンケート結果では、転職活動を始めて最初に内定をもらうまで、平均して22社以上の応募が必要だとわかりました。

採用試験に受からなくても、落ち込む心配はありません。中途採用は即戦力を求められるので、採用までのハードルが高くなります。

転職活動は長期戦と捉えて、20社以上の応募を計画しましょう。たとえ不採用が続いたとしても、不採用理由を改善すれば自分にあう企業を見つけられます。

転職で受からない5つの原因

転職で受からないのは必ず理由があります。不採用理由を知って対策を取れば、内定をもらえる確率を上げられるでしょう。

こちらでは転職で受からない5つの原因を解説します。

  1. 志望動機が曖昧
  2. 面接が苦手でうまく話せない
  3. 業界や応募企業の調査が足りない
  4. 企業に求められる経験やスキルが足りない
  5. 会社が求める人物像にマッチしていない

それぞれ順番にみていきます。

1. 志望動機が曖昧

志望動機が曖昧な人は、採用試験に受かりません。企業への熱意が伝わらないので、採用したいと思われないからです。

志望動機が漠然とする理由は2つ考えられます。

  • なぜその会社でなければいけないのかわからない
  • 自分がその企業で何をやりたいのかわからない

”この会社でなければいけない理由”と”入社後にやりたいこと”をはっきりさせると、説得力のある志望動機を作れます。

2. 面接が苦手でうまく話せない

面接が苦手でうまく話せない場合も、試験で落とされます。面接で人柄がわからないと、採用担当者の印象に残らないからです。

あがり症の人は質問の内容について簡潔に答えられず、的外れの説明をしているかもしれません。

一方で「人間関係が嫌だった」などネガティブな退職理由を言いたくないために、本音と違うことを話すと、面接がぎこちなく終わってしまいます。
その人の本心が掴めないと判断されたら、採用されません。

応募者の緊張は面接官も理解しているので、多少言葉に詰まっても、自分の言葉で簡潔に答えられるようにしましょう。

3. 業界や応募企業の調査が足りない

業界や応募企業の調査が足りない場合も、採用試験に落ちます。業界や企業への知識が浅いと思われ、熱意がない人と判断されるからです。

面接官はベテラン社員が対応するので、十分に調べて来たかどうかは面接の中ですぐにわかります。

自分の一生の仕事になるかもしれないので、企業や業界研究は徹底的に行いましょう。

4. 企業に求められる経験やスキルが足りない

企業に求められる経験やスキルが足りないと、書類試験で落とされます。中途採用は即戦力を求められるからです。

経験やスキルが不足したまま転職に望むことは、採用までのハードルが上がると心得ましょう。一方で、スキルがあっても実務経験のない応募者は、研修期間が取れないなどの理由から不採用もありえます。

5. 会社が求める人物像にマッチしていない

必要な経験やスキルを満たしていても、会社が求める人物像にマッチしていないと採用されません。価値観や将来のビジョンが企業と合わないと、長く働き続けるのは難しいと判断されるからです。

企業は長期的な人材配置を考えて採用を計画します。以下のポイントとマッチしない場合、いくらスペックが高くても不採用もありえます。

  • 5年後のキャリアプランが企業の求める方向性と合っている
  • 価値観や将来のビジョンが会社の社風とマッチしている
  • 職場内の年齢バランスは取れている

採用試験を受ける前に企業サイトを見て、会社のビジョンと入社後にやりたい仕事にズレがないか確認しましょう。

転職で採用される人の特徴5選

転職で内定が出る人には共通の特徴があります。こちらでは、採用される人の特徴を5つ紹介します。

  1. 転職の理由と目的が明確
  2. 企業が求めるスキルや実績をアピールできる
  3. 応募企業の業界や職種を徹底的に調べている
  4. 志望動機が具体的で企業に熱意が伝えられる
  5. 面接での受け答えが簡潔でわかりやすい

それぞれ、順番に解説します。

1. 転職の理由と目的が明確

採用される人は、転職の理由と目的が明確です。面接時に説得力が増すので、企業が納得して採用したくなるからです。

転職の理由と目的をはっきりさせるため、以下の質問に答えられるように準備します。

  • 今の仕事を辞めたい理由
  • 転職で達成したいこと
  • 入社後にやりたい仕事

質問への回答を考えるときに、今までの経験からアピールできることを入れると採用担当者からみて好印象です。

転職理由と目的を明確にすることが、転職を成功させるポイントです。

2. 企業が求めるスキルや実績をアピールできる

企業が求めるスキルや実績をアピールできることも、採用される人の特徴です。会社の役に立てる人材であることを証明できるからです。

書類選考や面接では必ず自己PRを求められます。説得力のあるアピールをするには、今持っているスキルや経験を活かして、どのように会社で活躍できるか説明できるようにしましょう。

スキルや実績が思いつかない方は「普段の業務で工夫していること」や「問題解決のため自主的に取り組んだこと」を掘り下げてみてください。
普段の仕事で得たスキルや経験を整理すれば、魅力的な自己PRをつくれます。

3. 応募企業の業界や職種を徹底的に調べている

転職に成功する人の特徴の一つに、応募企業の業界や職種を徹底的に調べていることが挙げられます。

業界や職種を調べれば応募企業への理解が深まり、採用試験で転職への本気度を伝えられます。また、入社後の働く姿をイメージできるので、企業への入社意欲が高まります。

企業情報を調べるには企業サイトだけでなく、業界の専門誌や書籍も活用しましょう
調べていくなかで不明な点はメモして面接の場で質問すれば、疑問は解消され面接官の印象もよくなります。

採用試験で入社の熱意を伝えるために、業界や職種の情報収集を徹底しましょう。

4. 志望動機が具体的で企業に熱意が伝えられる

志望動機が具体的で企業に熱意が伝えられることも、採用される人の特徴です。企業からみて、長く働き続けてくれる人材と評価されるからです。

志望動機で熱意を伝えるには、”転職で達成したいこと”と”企業の魅力”がマッチしていることを明確にします。企業の魅力だけを伝えるのは、説得力がないので採用担当者の印象に残りません。

志望動機で熱意を伝えることが、転職で成功する秘訣です。

5. 面接での受け答えが簡潔でわかりやすい

面接での受け答えが簡潔でわかりやすいことも、採用される人の特徴です。採用担当者から好印象で、面接を通過しやすいからです。

要点がまとまってなく話が長い人は、アピールポイントがわかりにくくなります。

面接が苦手で自分の考えをうまく伝えられないなら、友人や知人に強力をお願いして、面接対策しましょう。

転職で受からない人が内定を勝ち取るための5つの方法

転職で受からない人が内定を勝ち取るためには、事前準備が大切です。そこで内定を勝ち取るための具体的な方法は、以下5つの通りです。

  1. 転職に有利なスキルを身につける
  2. 転職サポートを利用する
  3. 自己PRと志望動機を改善する
  4. 職務経歴書を作り込む
  5. 面接対策を実施する

順番に解説していきます。

1. 転職に有利なスキルを身につける

転職でアピールできるような実績がない方は、スキルを身につけることで採用確率を上げられます。

転職に有利なスキルの条件は”社外でも通用するスキル”と”今伸びてる業界に必要なスキル”です。

おすすめのスキルは、以下の通りです。

  • プログラミングスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 英会話スキル
  • OAスキル

とくにプログラミングは今市場が大きく伸びているIT業界に必要なスキルのため、未経験でもエンジニアへの転職が可能です。

学習方法は、独学やスクールに通う方法がありますが、学習教材を使った独学をおすすめします。スクールに通うより安い料金設定となっており、働きながら自分のペースでスキル習得できるからです。

こちらでおすすめの教材は「Skill Hacks」です。

動画教材による講義を受けて、まったくの初心者からWebアプリケーションの開発ができるようなになります。

また無制限の質問サポートによって、学習につまずいても問題解決できるので、挫折する心配もなくプログラミングスキルを身につけられます。

追加費用なしで転職サポートがついているので、IT業界やエンジニア転職に有利です。

2. 転職サポートを利用する

転職サポートを利用すれば、転職活動を有利にすすめられます。転職サポートを利用するメリットは自分の希望をふまえ、スキルや経験を考慮したうえで最適な企業を提案してくることです。

求人の紹介以外にも、転職サポートのメリットは以下の通りです。

  • 応募書類の添削
  • 面接対策
  • 面接の日程調整
  • 内定後の年収交渉

転職サポートを受けるには、以下2つの方法があります。

  1. 転職サポート付きのスクールや教材を購入する
  2. 転職エージェントを活用する

「自分ひとりで転職活動をうまく進められるか不安」という方は、転職サポートを活用しましょう。

3. 自己PRと志望動機を改善する

自己PRと志望動機を改善しましょう。採用担当者が一番重視する項目だからです。

自己PRの目的は「自分は企業に役立つ人材」と説得力のあるアピールをすることです。まずは、自分の経験から強みとして活かせる経験を振り返りましょう。次にその強みを入社後どのように活かしていくか整理します。

志望動機の目的は「長く企業に働き続ける」ことを証明することです。志望動機の作り方は「転職の目的」と「企業の魅力」がマッチしていて、入社後にやりたい仕事が説明できることです。

たとえば、以下の順番で志望動機を作ります。

  • 転職の目的:広告店で働いていたが、強い自社開発商品を持つ会社で商品アピールをしたい
  • 企業の魅力:デザイン性の高い自社商品を持っている
  • 入社後のやりたい仕事:入社後はSNS広告を使って商品の魅力を広めたい

自己PRと志望動機を改善して、企業にアピールしましょう。

4. 職務経歴書を作り込む

内定をもらうために、職務経歴書を作り込みましょう。書類選考の通過率を上げられるからです。

中途採用では履歴書より職務経歴書の方が重要視されます。仕事を通してどんな経験を積んで、何のスキルを身につけたかを見ているからです。

以下のポイントを意識して魅力的な書類を作りましょう。

  • 職務要約にアピールしたいポイントを簡潔にまとめる
  • 職務経歴は新しい順番に上から書く
  • 数値をもとに具体的に書く
  • 企業に合わせて志望動機や自己PRを変える
  • 誤字脱字チェックは無いようにする

とくに職務経歴書は使い回しにならないように、応募企業ごとに志望動機と自己PRを変えることが大切です。
どの企業にも当てはまる自己PRと志望動機は一目でわかります。

書類試験を突破するために、職務経歴書を作り込みましょう。

5. 面接対策を実施する

面接対策を実施しましょう。面接準備をすれば、会話の中で自己PRと志望動機をスラスラと言えるようになるからです。

面接対策は、友人や知人に協力してもらいましょう。質問事項をメモにまとめて読み上げてもらうことで、実践に近い形で練習できます。

できれば面接練習の様子は、動画で撮影することをおすすめします。あとで見返したときに、問題点を洗い出せるからです。動画を見返して面接の問題を改善できれば、自信を持って面接に望めます。

面接試験を合格して内定を勝ち取るために、事前練習しましょう。

Skill Hacksなら最速でプログラミング初心者を脱出できる

  • 初心者からWebアプリケーション開発の知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限
  • 転職のノウハウを共有