カードローン

三井住友銀行カードローンの口コミ・評判は?金利や返済額、審査落ちの原因は?

 

 

急にまとまった資金が必要になったときに便利なカードローンですが、お金を借りるならやはり大手銀行が安心だと考える方は少なくないのではないでしょうか。

資金力がある大手銀行のカードローンは、ほかの金融機関のカードローンよりも金利が低いケースが多いというメリットもあります。

しかし、大手銀行のカードローンというと、審査が厳しそうだと不安に感じる方もいるでしょう。金利や利用限度額はどうなっているのか、どのように返済していくのかといった点も気になるのではないでしょうか。

そこで今回は、日本の3大メガバンクのひとつである三井住友銀行のカードローンの特徴や金利、審査などについてご紹介します。

借り入れ後の残高照会や利用額の増額方法、解約方法まで解説しますので、大手銀行のカードローンが気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐ三井住友銀行カードローンに申し込む

三井住友銀行カードローン特徴

三井住友銀行カードローンは、利便性が高いのが特徴です。WEB申し込みが可能で、申し込みのために店舗に行く必要がありません。

さらにATMで借り入れや返済ができるので、三井住友銀行の店舗が近くにないという方でも手軽に利用できます。

また、返済方法や返済日を都合に合わせて選べるのも特徴です。それでは、それぞれの特徴について、もう少しくわしく見ていきましょう。

来店不要でWEB申し込み可能

カードローンに申し込みたくても、銀行の店舗が近くにない、仕事が忙しくて営業時間内に店舗に出向けないなどの理由で、なかなか申し込みができないという方もいるでしょう。

しかし、三井住友銀行カードローンは24時間いつでもWEB申し込みができるため、店舗に行けない方でも気軽に申し込めます。

三井住友銀行の普通預金口座を持っている方であれば、審査通過後に手持ちのキャッシュカードでカードローンが利用できるようになるため、カードが届くのを待つ必要もありません。(ローン専用カードの発行も可能)

三井住友銀行の普通預金口座を持っていなくても、WEBから申し込んで審査に通ればローン専用カードを郵送してもらえるので、来店なしで申し込みを完了できます。

急ぎの場合は三井住友銀行のローン契約機(ACM)か、プロミスの自動契約機でカードを受け取ることも可能です。

ATMで手軽に利用できる

三井住友銀行のATMやコンビニATMなどから手軽に借り入れや返済ができるのも、三井住友銀行カードローンの特徴です。

・全国の三井住友銀行ATM

・イーネットATM

・ローソン銀行ATM

・セブン銀行ATM

・ゆうちょATM

上記のいずれかのATMからであれば、いつでも利用手数料や時間外手数料無料で借り入れや返済ができます。

ただし、利用するATMによっては手数料がかかったり、利用できるサービスが異なったりすることがあるので注意しましょう。

また、ゆうちょATMは、返済用として指定している口座のキャッシュカードと兼用のカードでは利用できません。

返済方法・返済日が選べる

カードローンの返済方法というと、「口座振替では?」と考える方も多いでしょう。しかし、三井住友銀行カードローンは3種類の返済方法から、都合のよい返済方法を選べます。

・ATMで返済

・インターネットバンキング(SMBCダイレクト)から返済

・口座振替で返済

また、返済日を毎月5日、毎月15日、毎月25日、毎月月末のいずれかから選択できるため、「ローンの返済日と給料日のタイミングが合わなくて困る」ということもないでしょう。

三井住友銀行カードローンの金利・利用限度額は?

三井住友銀行カードローンの金利は「年1.5%~14.5%」で、設定されている契約極度額(限度額)によって変わります。

契約極度額 金利(年利)
100万円以下 12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 1.5%~4.5%

この金利は2021年3月時点で、公式に公表されているものです。三井住友銀行カードローンは変動金利を採用しているため、市場金利などに応じて金利が変更されることがある点に注意しましょう。

なお、契約極度額は10万円~800万円の範囲内で、審査結果に応じて1万円単位で決定されます。

三井住友銀行カードローンの審査の流れ

三井住友銀行カードローンの申し込みから利用開始までは、以下の流れで進みます。

1.カードローンの申し込み手続きを行う

2.本人確認書類を提出する

3.申込内容をもとに審査が行われる

4.審査結果の連絡が来る

5.審査に通過していれば利用開始

審査結果の連絡が来るのは本人確認書類提出後、最短翌営業日です。
※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。

連絡方法は電話が基本ですが、WEB申し込みの場合はメールで連絡が来ることもあります。審査状況を知りたい場合は、三井住友銀行カードローンプラザに問い合わせましょう。

なお、三井住友銀行カードローンの申し込み条件は、以下のように規定されています。

・申し込み時の年齢が満20歳以上69歳以下であること

・原則として安定した収入があること

・保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられること

申し込みの前に、条件を満たしているかを確認しておきましょう。

三井住友銀行カードローンの審査落ちの原因は?

三井住友銀行は審査基準や審査落ちする条件などを公表しておらず、問い合わせても教えてもらえないため、審査に落ちた正確な理由を知ることはできません。

しかし、一般的にカードローンの審査に落ちるのは、以下のようなことが原因だとされています。

・他社で高額な借り入れをしている

・借入希望額に対して収入が低い

・過去に滞納などを起こして信用情報に傷が付いている

・複数のカードローンに同時期に申し込んだ

カードローンは「総量規制」という、年収の3分の1以上の金額の借り入れを規制する法律の対象です。銀行は貸金業法上では総量規制に縛られないが、各行で同様の規制を設けています。そのため、借入希望額が高額だったり、すでに他社で借り入れがあったりする場合は審査に落ちる可能性があります。

また、信用情報に傷がある人は滞納などのリスクがあるため、審査に落ちる可能性が高いでしょう。同時期に複数のカードローンに申し込むのも、「お金に困っているのでは」と警戒され、審査に落ちる原因になるので避けるのが無難です。

三井住友銀行カードローンの返済方法

三井住友銀行カードローンでは、「ATM」「SMBCダイレクト」「口座振替」の3種類から返済方法を選択できます。

・ATM:返済日にATMから入金する

・SMBCダイレクト:返済日にカードローン口座に振込する

・口座振替:返済日に自動で口座から引き落とされる

ATMかSMBCダイレクトを選択している場合は、返済日に自分で入金や振り込みをしなくてはならないので、忘れないように注意しましょう。

三井住友銀行カードローンの返済に遅れるとどうなる?

「返済が遅れてしまった…」という場合は、カードローン口座に利息額以上の金額を入金しましょう。

入金額がわからないという場合は、三井住友銀行の「カードローンご契約内容・ご利用状況」のページから確認できます。

なお、返済の遅延や滞納などを起こすと、信用情報に傷が付く可能性があります。そうなると、契約極度額を減額されたり、カードローンの利用を停止されたり、ほかのローンの審査に通りにくくなったりことがあるので注意が必要です。

三井住友銀行カードローンの返済額について

三井住友銀行カードローンの返済方式は、返済時点の借入残高に応じて返済額が決まる「残高スライド型元利定額返済方式」です。

借入残高が10万円以下の場合の返済額は毎月2,000円、700万円以上の場合の返済額は毎月7万円と、借入残高が多いほど月々の返済額が高額になります。
※毎月のご返済は、返済時点でのお借入残高によって約定返済額が設定されます。

細かい金額を知りたいという方は、「当座貸越元金額別の約定返済金額一覧」で確認しましょう。

三井住友銀行カードローンの残高照会・増額方法

三井住友銀行カードローンの残高は、前述の「カードローンご契約内容・ご利用状況」のページから確認できます。店番号や口座番号を入力する必要があるので、ローン専用カードかキャッシュカードを用意しておきましょう。

契約極度額を増額したい場合は、ローン契約機から手続きするか、三井住友銀行カードローンプラザに連絡しましょう。ただし、増額申請時にも審査があり、審査結果によっては増額できない可能性があります。

三井住友銀行カードローンで借り入れできない時の対処法

三井住友銀行カードローンでは、利用開始後も定期的に利用状況がチェックされており、場合によっては事前の連絡なしで契約極度額が減額されることがあります。

もし「まだ契約極度額に余裕があったのに借り入れできなくなった」ということが起こったら、現在の契約極度額を確認してみましょう。

三井住友銀行カードローンの審査に落ちて借り入れできないという場合は、同じ保証会社の「モビットカードローン」や「プロミス」、または他社のカードローンに申し込んでみるのもひとつの方法です。

モビットカードローンやプロミスは申し込み条件に「パート・アルバイトでも申し込み可能」とあり、三井住友銀行カードローンよりも利用しやすいという特徴があります。

また、金融機関によって審査基準が異なるため、三井住友銀行カードローンの審査に落ちても他社のカードローンであれば、審査に通過できるかもしれません。

三井住友銀行カードローンの解約方法

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行カードローンプラザに連絡するか、三井住友銀行の窓口で手続きすれば解約できます。

三井住友銀行カードローンプラザに連絡した場合は、解約に必要な書類が送られてくるので、必要事項を記入して返送しましょう。

窓口で手続きする場合は、本人確認書類とキャッシュカードが必要です。忘れずに持参しましょう。

まとめ

三井住友銀行カードローンは、来店不要でWEB申し込みができる、ATMで手軽に利用できる、返済方法や返済日を選べるなど、利便性が高いカードローンです。

「大手銀行のカードローンを利用したい」「忙しいので手軽に申し込みを済ませたい」という方にはぴったりのカードローンでしょう。

三井住友銀行の口座がなくても申し込みができるので、どのカードローンにするか迷っている方は、ぜひ検討してみてください。

今すぐ三井住友銀行カードローンに申し込む

 

-カードローン
-, ,

© 2021 おすすめ・口コミハックス