転職

マイナビエージェントの口コミ・評判は?マイナビエージェントに向いている3つのタイプを解説

不況が続く中、年収アップやキャリアアップを志して転職を視野に入れている人も多く、転職をバックアップしてくれる転職エージェントを利用するケースが増えています。ネットには数々の転職エージェントがありますが、今回は20代の若い世代に人気急上昇中の「マイナビエージェント」について、口コミや評判など詳しく紹介していきます。マイナビエージェントを検討中の人は、実際に利用した人の口コミをぜひ参考にしてみてください。

マイナビエージェントはこちら

マイナビエージェントのひどい口コミ・評判

テレビCMでも見かけることが多くなったマイナビエージェントは、就職支援サイトや人材紹介、情報サイトなどを手掛ける企業情報に強い株式会社マイナビが運営する転職に特化したサイトです。

CMで流れていることもあり、老若男女問わず高い知名度を誇っている転職エージェントで、20代の若い世代を中心に利用者が増えているのが現状です。しかし口コミを見てみると、良い口コミもあれば悪い口コミも見かけます。

ここではマイナビエージェントの口コミについて紹介していくので、自分の状況と照らし合わせながら、利用するメリットがあるのかなど検討してみてください。

まずはひどい口コミ・評判について多く寄せられていた内容は、以下になります。

・マイナビエージェントは他より求人数が少ない

・マイナビエージェントは登録を断られた人が多い

一つずつ詳しく見ていきましょう。

マイナビエージェントはこちら

マイナビエージェントは他より求人数が少ない

ひどい口コミで最も多く見受けられたのが「求人数が少ない」でした。

大手転職エージェントのリクルートエージェントでは、求人数10万件以上あり非公開求人数だけでも13万件以上の膨大な数となっています。また、dodaでは非公開求人を合わせ10万件以上の求人数があります。

一方でマイナビエージェントは、明確に求人数を掲載していませんが非公開求人数も含め約3万件程度です。実際に、比較しても求人数の少なさがわかります。

【実際の口コミ】

・ただ、初回面談ですでに条件と合致しない案件を多数紹介され、同県内で探していたのですが他府県がほとんどで、これは応募できないな、と思いました。

その後も、案件を送って頂き意見や質問もちゃんと聞いて頂けました。しかし、圧倒的な紹介案件の少なさに落胆。この調子でここばかりに頼っていては転職できないと感じました。

・しかし、大手という割には、思ったより求人の数が少なかったです。しかし、求人の数が少ないことには理由があるようで、一つ一つの質が高く、中には優秀な中小企業が多くありました。

マイナビエージェントの求人数が少ない理由は、「質の高さを求めているから」とのことです。求人数の少なさをフォローするには、他の転職エージェントと併用した利用がおすすめです。

マイナビエージェントは登録を断られた人が多い

続いて、「登録を断られた」という内容が多く見受けらました。断られる理由としては、求人ニーズと合致していないと判断されると、断られるケースがあるようです。

【実際の口コミ】

・エージェントに登録をしたところ後日メールで「紹介出来る求人がない」と返信がありました。

職歴は4年制大学卒業後、オフィスワークなどの一般的な職ではありませんでしたが、正社員で3年専門的な仕事をし、20代のうちにキャリアチェンジを目指していたので非常に残念です。

・まず最初に登録しようとしたら「紹介できる求人がありません。」といった内容のメールが届き、それだけでも不信感がありましたが、忘れた頃に紹介メールが来たので、募集する旨をお伝えして担当の方がついてくれました。

このように、求人ニーズに合致していない場合は「紹介出来る求人がありません。」といった内容のメールが送られてきます。

マイナビエージェントのHPに掲載されている内容によると

・経験内容や希望

・年齢と経験バランス

を考慮した結果、紹介できる求人がなくお断りする場合があるとのことでした。

その他にも、断られる理由として考えられるのは

・転職が多い

・正社員の経験がない

・年齢が高すぎる

・経験のある専門職を求めすぎている

・地方住まいで紹介する案件がない

などが挙げられます。お断りメールが届いた場合は、上記の理由に該当していないか確認してみましょう。

マイナビエージェントの良い口コミ・評判

続いて、良い口コミ・評判を紹介していきます。良い口コミ・評判には以下のような内容が多く寄せられていました。

・アドバイザーのサポートが熱心で丁寧

・マイナビエージェントは第二新卒向けの求人が多く20代に強い

・中小企業の求人も多く多様なニーズに対応

・マイナビエージェントサーチで転職エージェントを探せる

一つずつ詳しく見ていきましょう。

マイナビエージェントはこちら

アドバイザーのサポートが熱心で丁寧

「アドバイザーのサポートが熱心で丁寧」との口コミが多く見受けられました。転職初心者には最も心強く感じられる口コミです。

【実際の口コミ】

・初めて転職する人に対する相談体制が整っていて良かったと思います。とくに、私も初めての転職だったので、転職エージェントと話をすることで、転職に対して少し気楽に臨めるようになりました。最初に転職状況のヒアリングをするのですが、私自身の強みを考慮した上で、転職活動のプランを作ってくれました。

・自分の今の状況やなりたい自分についてや将来設計の話をすると、自分に見合った求人をたくさん紹介してくださいました。マイナビエージェントで紹介された求人に対しての質問にも、的確に丁寧に答えてくださったので心強かったです。

マイナビエージェントは、転職先の紹介やアドバイスをしてくれるサイトです。就職の面接ではないので、悩みや相談事があったら気軽に担当のエージェントに話してみましょう。

マイナビエージェントは第二新卒向けの求人が多く20代に強い

マイナビエージェントは20代に最も選ばれている転職エージェントで、第二新卒と呼ばれている、大学を卒業して3年以内の20代の転職に強いと評判です。

【実際の口コミ】

・初めての転職だったので、20代、第二新卒向けと聞いたマイナビに相談に行きました。担当は若い人で少し不安でしたが丁寧に対応してくれました。

・どちらかというと、未経験でもOKだけど若い人が欲しい!という会社が多く登録しているのではないかと思います。

20代は、キャリアップやスキルアップを求めて転職を考える年齢でもあります。転職を視野に入れている第二新卒の人は、20代の転職に強いと評判のマイナビエージェントへの登録をおすすめします。

中小企業の求人も多く多様なニーズに対応

続いて良い口コミで多く見受けられたのが、「中小企業の求人も多く多様なニーズに対応」しているとの内容です。

【実際の口コミ】

・エージェントを何社か利用した事がありますが、マイナビが1番希望に沿った業種を紹介して下さいましたし、履歴書の添削や面接サポートも手厚かったです。

・元々はIT企業にてプログラマとして勤務していましたが、プログラマの閉鎖的な環境に嫌気が差して、メーカー営業職を希望して転職活動をしました。キャリア的にも転職は難しいと覚悟していましたが、マイナビエージェントは大手求人だけではなく、地元中小企業に対しても求人案件をたくさん紹介してくれました。

異業種への転職希望でも求人ニーズに合致していれば、多くの案件を紹介してくれます。

マイナビエージェントサーチで転職エージェントを探せる

「マイナビエージェントサーチ」のサイトでは、自分のニーズに合ったエージェントを探せます。

【実際の口コミ】

・このサイトに登録したのがきっかけで、エージェントから紹介を受けた企業に転職をしました。職務経歴書の詳細を登録しておくと色々なエージェントからスカウトのメールが入り、中には頼りたいと感じないエージェントもあったものの、私がスカウトから面談、案件紹介を受けたエージェントの担当者は紹介先の企業についての情報にも詳しく、内定事例や仮に採用された場合に見込まれる年収のレンジの話なども教えてくれました。

・マイナビ転職のサイトに登録した際にメールが届き、合わせてマイナビ転職エージェントサーチにも登録が完了したと書いてあったのがきっかけでこのサイトを知りました。このサイトは700社以上の転職エージェントのヘッドハンターが参加していて、個別にスカウトメッセージで案件の紹介やシークレット求人の紹介が受けられるサイトです。

マイナビエージェントに登録はしたものの「紹介出来る求人がありません」のお断りメールが届いた人は、マイナビエージェントサーチで自分のニーズに合った転職エージェントを探してみましょう。

マイナビエージェントとマイナビエージェントサーチの違い

マイナビエージェントとマイナビエージェントサーチは名前が似通っているため、同じサイトだと思っている人は多いです。しかし機能や目的は全くの別物なので、両者の違いについて解説します。

主な違い

・マイナビエージェントサーチは自分に合ったエージェントを探せる

・マイナビエージェントサーチの方が求人数が多い

・マイナビエージェントサーチには経験やキャリアに応じた案件が多数ある

この他にも、マイナビエージェントは20代の転職に強い傾向がありますが、マイナビエージェントサーチは年齢層に関係なく経験やキャリアなど自分のニーズにあったエージェントを探せるといった強みの違いがあります。

マイナビエージェントはこちら

マイナビエージェントのログイン方法

マイナビエージェントは、登録しただけではマイページへのログインができない仕組みになっています。そのため、ログインができないと困惑する人も多いです。ここでは、マイナビエージェントのログイン方法を紹介していきます。

マイナビエージェントはこちら

マイナビエージェントにログインできるのはキャリアアドバイザーとの面談後

先ずログインするにはマイナビエージェントに登録後、紹介できる案件があり、キャリアアドバイザーとの面談後に初めてログインすることができます。マイページへのログインは、面談予約が済んでいる人のみが利用できるサービスです。

キャリアアドバイザーとの面談日時の確定メール内に「初回マイページ開設のご案内」が掲載されているので、指示に従って初回開設設定を行いましょう。初回開設設定が完了すると、次回からログインIDとパスワードの入力をすればいつでもログインが可能です。

マイナビエージェントへログインできない時の対処法

ログイン手続きを行ったにもかかわらず、マイナビエージェントへログインできなくなった時の対処法を紹介します。対処法は以下の2点です。

・マイナビエージェントから確認用メールを送付してもらう

・マイナビエージェントの問い合わせフォームへ連絡する

一つずつ詳しく見ていきましょう。

マイナビエージェントから確認用メールを送付してもらう

パスワードを忘れてしまってログインできない場合は、ログイン画面にある「パスワードを忘れた方はこちら」から手続きをして確認用メールを送付してもらいましょう。

メールアドレスは登録時に使用したアドレスですので、忘れる心配がある人はメモしておくことをおすすめします。送信したメールアドレス宛てにIDとパスワードが送られてくるので、ログイン画面に入力してマイページへと進みましょう。

マイナビエージェントはこちら

マイナビエージェントの問い合わせフォームへ連絡する

問い合わせフォームからも、ログインに必要なIDとパスワードを確認することができます。問い合わせフォーム画面にて、氏名や電話番号など必要な情報を入力して送信すると、登録したメールアドレスにIDとパスワードが送られてくるので、ログイン画面で入力してマイページへと進みましょう。

マイナビエージェントはこちら

マイナビエージェントの退会方法

マイナビエージェントに登録をしたものの、希望に合った求人がなかったときや転職先が無事に見つかったなど、マイナビエージェントを利用しなくなった場合は、頻繁に送られてくるメールを避けるためにも退会手続きが可能です。

・キャリアアドバイザーと面談した経験がある人の退会方法

①担当のキャリアアドバイザーへ「退会」の意思を伝える

②キャリアアドバイザーから連絡がきて手続きをしてもらう

・面談をしていない人の退会方法

①指定のメールアドレスへ必要事項を明記し手続きを行ってもらう

②手続きが完了しだい登録のメールアドレス宛てに退会の受理通知が届く

指定のメールアドレスはこちら

E-mail:privacy-info@mynavi.jp

退会方法の詳しい詳細はこちら

https://mynavi-agent.jp/faq/02.html

マイナビエージェントはこちら

まとめ:マイナビエージェントは20代に強い転職エージェント

マイナビエージェントの口コミ・評判などについて紹介してきましたが、いかがでしたか?第二新卒世代に強い転職サイトですので、20代で転職を考えている人は利用する価値が十分にあります。また、マイナビエージェントサーチでは経験やキャリアを重視して自分に合ったエージェントを探せるので、年齢を気にせず利用ができます。マイナビエージェントの登録・利用はすべて無料なので、気になる案件がある場合は登録してみましょう。

マイナビエージェントはこちら

-転職
-,

© 2021 おすすめ・口コミハックス