転職

転職サイトのおすすめランキング12選|年代別におすすめ転職サイトを紹介します

Job interview concept. Technology of business.

転職を希望されている方は、数ある転職サイトの中からどういう基準で選ぶべきか迷うこともあるでしょう。効率よく転職サイトを活用するには、自分の目的に合う転職サイトを選ぶことが最も重要です。

この記事では転職を考えている方のニーズに合う最適な転職サイトをランキングでご紹介いたします。キャリアや年代に合わせた転職サイトを利用するための参考にしてください。

転職サイトとエージェントの違いを比較

転職サイトと転職エージェントの両方を混合して一覧にしていることがよくありますが、特性が大きく違います。転職活動をスムーズに進めるためには、特徴を把握してうまく使い分けることが大切です。次にそれぞれの違いやメリットを見ていきましょう。

転職サイトは自分で求人を探す

転職サイトは自分で直接応募するタイプでビズリーチやリクナビNEXT、dodaなどがあります。転職サイトの一番のメリットはマイペースで転職活動を進められることです。

転職エージェントと比較して求人数は多いのが特徴で、数ある情報の中から興味ある求人を探して好きに応募できるため自由度は高いです。

ただし、履歴書や職務経歴書の作成、面接日程の調整から入社条件の交渉などすべて自分で取りまとめる必要があります。

デメリットは求人の質にバラつきがあることです。条件の悪い求人やブラック企業も無いとはいえません。応募の際には十分チェックする必要があるでしょう。

気楽に誰でも応募できるため人気のある企業は膨大な応募が集中し、書類での合格成功率も厳しいのが現状です。

また、企業側が学歴や転職回数などで応募者にフィルターをかけていると、書類選考の通過率が悪くなるでしょう。

転職エージェントは自分に合った転職先を探してもらう

マイナビエージェントやJACリクルートメント、doda転職エージェントなどは転職エージェントです。応募者には専任のコンサルタントが付くサービスがあり、転職活動のさまざまなサポートをするのが特徴です。

具体的には専任コンサルタントと相談しながら転職活動を進めていきます。まずはキャリアカウンセリングにより、転職希望者の特性や価値、転職条件などを明確にしたプロファイルを作成します。

それに基づいて最適な企業を紹介してくれますが、企業の内部情報なども提供してもらえるのが転職サイトには無い大きなメリットです。

専任コンサルタントは転職成功に導くための履歴書、職務経歴書の作成や面接のアドバイスなども行います。さらに企業との間に入り給与交渉や入社時期までも調整してくれるのが嬉しいサービスでですね。

転職サイトに比較して求人数は少ない反面、転職エージェント経由は質の高い求人が期待できます。個人の希望に合わせた求人のため、入社後のミスマッチも避けやすくなるでしょう。

入社決定で企業から報酬を得られる成功報酬システムにより、転職希望者は無料でサービスを活用できます。企業にとっても転職エージェントからの紹介で適した人材を得ることはメリットになります。

マッチングした場合は転職エージェントが企業へ推薦してくれるケースもあるため、エージェント経由の応募では、書類選考の通過率が高い傾向があります。

求人案件の多いおすすめ転職サイト・転職エージェントランキング

転職サイトは企業の掲載数の多さで選ぶことで情報収集にもつながり、希望の企業が見つけやすくなるでしょう。次に求人案件の多い 大手の転職サイト・転職エージェントを紹介いたします。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは限定求人が約85%を占めており、多くの企業がリクナビNEXTに絞って求人をかけていると考えられます。さらに求人企業の4割近くが従業員数100名規模の企業ですので、大手企業への転職を希望する方におすすめのサイトです。

求人の膨大な情報量に関しては、多くの転職希望者が満足しているようです。毎月新規の登録者10万人以上で、会員数は約916万人です。日本ではトップクラスの人気転職サイトです。

リクナビNEXTのサイトでは転職成功に導くさまざまなコンテンツがあります。自分でいちから転職活動をする人に利用していただける「転職ガイド」、転職の疑問点や質問に役立つ転職Q&A」、自分を分析するツール「グッドポイント診断」などが利用可能です。

求人情報の見やすさや、シンプルな操作性が優れています。機能面では「条件登録」により、自分の希望に合う新着求人が届くサービスや、スカウト登録すると企業からのオファーやリクナビNEXT系列のリクルートエージェントからのオファーを受け取ることができます。

リクナビNEXTはこちら

マイナビ転職

マイナビ転職での求人掲載数は12,000件以上、そのうちマイナビ転職限定の取り扱い求人は約80%を占めています。大手はもちろんですが、新しい中小ベンチャーや、雑誌やテレビなどメディアで話題の企業を多く掲載しているのも特徴です。

転職サイトにもかかわらず、エージェントのサポート的なサービスを提供してくれます。転職MYコーチ」は専任のアドバイザーが履歴書作成・面接ノウハウ・無料転職相談などのサポートを行います。初めての転職でも迷わず進めることができるコンテンツが充実しています。

また、自分の仕事の「適性診断」が無料で受けられ、業種・職種・年齢別の年収がわかる「モデル年収平均ランキング」などもあります。転職活動をする上で知っておきたい情報のひとつでしょう。

マイナビ転職 はこちら

doda

dodaは総合人材サービス大手のパーソルキャリア株式会社が運営する業界トップクラスの転職サイトです。転職情報誌の創刊1989年からサービスを開始して、地盤を固めてきました。大企業との関係性も深く、ネットワークは全国規模で拡大しています。

ワンブランドでありながら、転職サイトと転職エージェントのサポートサービスを兼ねそなえているのが特徴です。サイトの公開求人は常に5万件以上、非公開求人を含めると約10万件の莫大な情報量があります。

dodaでスカウトサービスを利用すると、大手企業や新手のベンチャー企業、非公開求人からもスカウトのオファーが期待できます。また、年齢による適正年収や、全業種全職種の平均年収ランキングなどが公開されて、他のサイトには無い有益な情報が多く得られるでしょう。

doda はこちら

女性におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング

女性の転職には、女性に有利な職種が多い女性特化型のサイトに登録するのもおすすめです。女性の転職に力を入れている転職サイトは、さらに年齢や希望する職種、年収などで得意分野が分かれる傾向があります。

リブズキャリア

キャリアアップを狙う女性向け転職サイトで、高年収を希望する女性の転職に特化しているのが特徴です。

リブズキャリアは女性向けに厳選された求人案件が多く、特に年収400万円以上で30代前後向けの求人案件を多数取り扱っています。

「ママ社員活躍」や「育休の復職支援」などの女性の希望を考慮した検索機能があり、自分に合った働きやすい条件で案件を絞り込むことができますよ。 

また、リブズキャリアは、女性が働きやすい社会を目指す「ウーマン・ブライド・アクション」という活動を行い、会社が全面的に働く女性をサポートしてくれます。

リブズキャリア公式サイトはこちらから

パソナキャリア

運営元のパソナは人材業界最大手で、企業16,000社以上との取引実績があります。2020年

オリコン顧客満足度調査転職エージェント第1位を獲得しました。

女性が活躍する企業の求人も充実しており、キャリアアップや高収入の案件も提供しています。女性の転職に向けて卓越した専門チームが全面的にサポートする体制が整っています。

産休・育休から復帰しやすい社内環境のある企業を紹介し、仕事内容や待遇に関しても、要望に応えてサポートしてくれます。目指すキャリアやポジションを考慮して個々に合わせた支援を提供しており、女性からの高感度の高い転職エージェントです。

パソナキャリア女性の転職公式サイトはこちらから

マイナビエージェント

転職業界大手のマイナビが運営する転職支援サービスのマイナビエージェントは、若手人材向けの求人サイトで、利用者の60%以上が20代から30代ぐらいです。

マイナビエージェントには、特に女性の転職をサポートする専門サイトがあり、女性限定で利用が可能です。女性コンサルタントが多く在籍し、親身な転職サポートが充実しています。

女性は結婚や出産などに合わせて働き方を変えることも多く、仕事に求める条件もそれぞれ多種多様です。マイナビエージェントはそんな女性の希望に柔軟に対応できることも特徴です。

マイナビには人脈を活かした多彩な求人が揃っており、職場環境改善からキャリアアップまで希望に応じたサポートが受けられるでしょう。

マイナビエージェント女性の求人公式サイトはこちらから

転職未経験の20代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング

20代の転職なら、求人数が多く若手の転職を専門に取り扱う転職サイトがおすすめです。転職経験が少ない20代は、自分の価値がわからないことが多いため、転職エージェントに登録して的確なアドバイスを受けることが必要です。

type転職エージェント

type転職エージェントは転職支援サービスで、おもに首都圏に特化した求人を取り扱います。総合型で多くの業種や職種の求人がありますが特にIT・Web業界に強いサービスです。

「typeエンジニア転職フェア」などのイベントを積極的に開催し、IT・Web業界で働く方のための転職相談も行います。アドバイザーはIT企業の内情に詳しく、貴重な情報が得られるのもメリットです。

アドバイザーが実名と顔出しでSNSをやっているのが他では見られない特徴の転職支援サービスで、サポート力の高さはユーザーから評価されています。

type転職エージェントはこちらから

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、総合的にさまざまな業種や職種を扱う転職支援サービスです。専門サイトには、第二新卒の転職・IT・WEBエンジニア・不動産・建設業界・販売・サービス・営業職といった職業に特化したサイトがあります。

特にIT・WEBエンジニアには定評があり、転職成功率が高いです。IT業界への転職を希望するならば、登録をおすすめします。さらに、ハイクラス・エグゼクティブやMR・メディカルといったハイスペックな業種にも対応しています。

自分の希望する職種に採用されやすい履歴書・職務経歴書のアドバイスや面接の練習を随時行います。面接の日程調整や年収交渉までフルサポートしてくれる、頼りになるエージェントでしょう。

マイナビエージェントの公式サイトはこちらから

ウズキャリ第二新卒

ウズキャリは若い人専門の第二新卒の就職・転職サポートが専門の人材紹介サービスです。第二新卒は学校卒業後にフリーターになっているパターンや、就職はしたがすぐに離職したなどさまざまなケースがあります。

新卒に比べて第二新卒の就活は難しいこともあり、プロのサポートを受けるほうがスムーズに進められます。アドバイザーが全員、既卒や第二新卒での転職を経験しているため、求職者に寄り添ったサポートが受けられるでしょう。

ウズキャリでは離職率・労働時間・社会保険の有無・雇用形態などに関して独自調査を行います。また、入社した人からのフィードバックを独自に入手し、ブラック企業を除くよう配慮しているので安心して応募ができます。

ウズキャリの公式サイトはこちらから

年収500万円以上も!30代・40代・50代におすすめ転職サイト・転職エージェントランキング

以前は35歳が転職の限界といわれており、40からの中高年世代の転職は厳しい状況でした。しかし現在では人手不足が慢性化してきたことで、転職の売り手市場が変化しています。キャリアがある意欲的な人材であれば、40代や50代のニーズがある時代になりました。

中高年の転職は管理職などエグゼクティブ向けのサイトを利用して、希少性の高い専門職のスキルを活かせる求人がおすすめです。

JACリクルートメント

JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。

企業ごとに担当者を配置し、企業文化や社風、事業戦略などを把握しているため、レアな情報が得られるでしょう。

他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質の良さで評価が高いです。管理職や専門職のハイスペック転職を考えているなら、特におすすめな転職エージェントです。

ただ現在の年収状況や勤続年数が3年未満の場合は登録しても企業を紹介してもらえないことがあります。自分のスキルや経歴に自信のある方には向いているエージェントでしょう。

JACリクルートメントの公式サイトはこちらから

MS-Japan

MS-Japanは登録者の90%以上が「次回転職時にも利用希望」と答える評価の高い転職支援サービスエージェントです。

MS-Japanが選ばれるのは管理部門や専門資格職業に特化しているためで、大手上場企業や外資系企業、監査法人、法律事務所、会計事務所など優良求人を多く取り扱います。

国内の大手企業、外資系からベンチャー企業まで幅広く扱い、多くが優良高水準です。各業界の知識があるキャリアアドバイザーが全面的にサポートしてくれます。適格な企業情報が得られるので、入社後のミスマッチを回避できるでしょう。

さらに会員にのみ紹介される「非公開求人」が全体の9割もあり、求人数のほとんどを占めています。優良条件での転職案件をチェックしたいなら、ぜひ登録することおすすめします。

MS-Japanの公式サイトはこちらから

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングはコンサル業界の転職に特化した転職エージェントです。すでにコンサルタント職にある応募者をキャリアアップに向けて全面的にサポートしてくれます。

また、コンサルタントキャリアプランに強い転職エージェントなので、ポストコンサルとしての転職、独立もサポートします。

ポストコンサル転職の成功を導いてくれる、卓越した手腕を持っており、生涯のキャリアアップを念頭に置いて、持続して付き合えるのがアクシスコンサルティングでしょう。

アクシスコンサルティングの公式サイトはこちらから

まとめ

転職活動では、まずは自分で気になる求人を転職サイトからで見つけてみましょう。

次に転職エージェントを利用して応募する方法が得策です。

転職サイトでは情報収集をすることで、幅広く企業についての知識が得られます。最初からエージェントに頼るばかりではなく、自分での求人情報を調べることも重要です。

転職エージェント経由での応募では書類通過率が確実に高まるので、最終的には転職エージェントからサポートを受けて希望の企業に応募するのがおすすめです。

-転職
-,

© 2021 おすすめ・口コミハックス